GCr15軸受鋼素地調製および処理プログラム

2015-10-19 09:57

GCr15軸受鋼押し出し変形抗力が大きく、金型磨耗激化させて、使用寿命低下、素地焼鈍軟化押し付け酸洗いリン酸けん化更に押出し

1 . 1素地調製

寒い押し出し材料の形態がこんなに種類ワイヤ、棒材、管板、板材

材料の选択寒い押し出しの形態もとても重要で、それに直接影響を与え金型の設計と使用の合理性、製品品質部品の生産加工便利だからまずは各種材料形態一定の認識

1)線材

線材主に混んボルトなど標準部品自動車、オートバイプラグなど大量の小型押し出し一般線材の直径は3-25mm個別の状況35 mmワイヤ表面を特殊な表面及び潤滑処理され、多段自動コールドヘッダー成形、材料の利用率が高く、生産効率が高い

2)棒材

寒い押し出し素地採用棒材が多いが、一般工程の押し出し設備ワイヤに比べて、生産効率が低いが、そのすべての表面表面及び潤滑処理が必要ならば、マルチ押し出し、時中間焼鈍し棒材材料の利用率も高く採用切り配膳70%-90%を採用し、ほぼ100%に達するプレス切り配膳素地長軸普通よりより1、例えば未満1時プレス困難素地必要粗製白地比べをしてみよう長軸大会アップセット一般最高制御2以下熱延丸棒寒く丸棒後者外径寸法比較的に精確を採用し、プレス切り配膳時、半製品体積の誤差狭い範囲制御

3)パイプ

パイプシームレス鋼管ニューム管、ブラスなど、中空として正押出し押し出し素地使用いくつかの形状寸法寒い押し出しのを採用パイプ押し出し素地よりソリッド経済、同時にプレッシャーも大きく低下する

4)板材

素地の長軸比較的時間、あるいは押し出し非鉄金属部品の外形非円形を採用することができる板材素地として板材採用ブランクプレス

今回所要設計生産部品形状と寸法精度要求並べ軸受鋼体のパーツを採用し寒い押し出し素地棒材合理的で、利用率が高いだから、採用を決定したスチール

1 . 2素地調製方法

素地調製方法切って料、打抜き材料、切削材料切ってなどの多種の方法を選択して使用しオンデマンド[ 1 ]の中から分かる各方法の特徴

1)パイプ切って

機械プレス専用切りパイプ断ち切って切って料は応用最も広範な方法切って成形素地、生産効率が高く、材料の利用率が高いが、カットオフ素地端面粗く、端面中心垂直に、一定の勾配、特に半閉鎖的切りは、このような状況深刻なだから素地切った後に、一般用切れ素地端面圧平後に行われる押出し

2)板材打抜き材料

板材打抜き材料一般素地長軸より下の円柱半製品、あるいは非円形の非鉄金属の平たいインゴットこの方法の主な利点は、生産効率が高く、素地寸法精度が高い、端面をならすその欠点は材料の利用率が低くて、普通は60%ぐらいブラックメタリック寒い押し出しのについて、一般の正常なギャップが素地打抜き非鉄金属寒い押し出しのについて、特にアルミニウムや精銅薄肉部品の寒い押し出しの件、もし素地端面あらさない押し出し押し出し件の表面ひびが入るため、一般用平滑打抜き生産活動の中で、常に採用小さい合間、面取りダイまたは負の隙間ダイ打抜き

3)切り取り

切れる横断面積が大きく素地、断面寸法精度が高いが、平らで、切り口材料損失が大きいもし採用往復切り円盤鋸材料、生産効率の低い;もし高速バンドソー材料を採用して、生産効率が高くて、しかもブランク形状のルールは、1種の先進のノコギリを切って方法現在、大径の材料を採用して高速バンドソー

4)旋盤切削材料

例えば素地端面特殊な形状要求細い素地を採用することができて旋盤材料この材料方法素地寸法精度が高く、形状ルールが、生産効率が低く、しかも利用率も高くない

上述したように、軸受鋼素地寸法精度要求が高く、保証する素地断面凹凸を採用すべき旋盤材料


上一篇:嵌め環の冷間処理 下一篇:ベアリングの特徴
Copyright © 2002-2011 DEDECMS. 织梦科技 版权所有 Power by DedeCms
サイトのデザイン.维护:博盟セイコー
網站導航:ホームページ サイトマップ 技術サポート:博盟セイコー キーワード:浙江博盟SEIKO機械有限会社